【ジオプロダクト】片手鍋16cm/行平鍋18cm/浅型両手鍋25cmのレビュー

    私が現在持っているお鍋はジオプロダクトと、ストウブ。

    子どもが生まれる以前は主にストウブを愛用していたのですが、現在は取り回しの楽なジオプロダクトを愛用中です。

    手持ちのジオプロダクトのお鍋は、18㎝行平鍋、16㎝片手鍋、25cm浅型両手鍋です。

    それぞれレビューしたいと思います。

    目次

    ジオプロダクトのお鍋を勧める理由

    ジオプロダクト 使用中 種類

    人気のお鍋、ジオプロダクト。

    実際使用してみると人気の理由に納得します。

    ステンレスなのに焦げ付きにくく、汚れも驚くほど簡単に落ちるのでピッカピカ。

    ステンレス独特の、お湯がジュって跳ねる事もありません。

    ステンレス故の取り回しの良さも魅力で、ストウブなど鋳物鍋のようにこまめにメンテナンスが必要でもなく、サイズを選べば小回りも利く。

    15年と長く保障も付いていることも、製品への信頼が感じられます。

    お鍋を買い替えるに当たって、私が重要視したのが安全性

    ステンレスであれば成分が溶け込むなんて心配もなく、より子どもにも安心かなと思いジオプロダクトのお鍋を選びました。

    18㎝行平鍋のレビュー

    宮崎製作所 ジオ 行平鍋 18cm 日本製 IH対応 オール熱源対応 15年保証 GEO-18YH

    一番出番が多い。毎日使います。

    手持ちのジオプロダクトの中で、一番軽いのでやはり手に取りやすいです。

    同じ18㎝サイズの片手鍋と比べても片手鍋1290g行平鍋680gと約半分の軽さ。

    蓋はついていないので、必要に応じて私は木蓋や無印のものを使っています。

    ラーメンやうどんなどの麺類も2人分であればベスト。娘と2人の時のお昼ごはんにはとても便利。

    鍋としてサッと青物を茹でたり、煮っころがしたり。

    切り身魚やメバルなどの煮つけもこれです。

    そして炒め物にも使います。

    鉄のフライパンが苦手なトマト系の炒め煮はもちろん、鉄のプライパンに焦げ付きそうだな。と思うものはこの行平鍋任せ。

    最近はケチャップライスの具をこれで炒めてから、御飯が炊き上がった炊飯器の中に投入するという大雑把な作り方。

    ボウルの代わりに使うことも。

    持ち手があって底は安定してるし、3歳の娘にお手伝いをお願いするときには安心感あります。

    まゆぞー

    とても万能。

    16㎝片手鍋のレビュー

    宮崎製作所 ジオ 片手鍋 16cm 日本製 IH対応 オール熱源対応 15年保証 GEO-16N シルバー

    ほぼ毎日使っています。

    18㎝の行平鍋が味噌汁などでふさがっていると、どうしてももう1台欲しくなり。

    同じ容量のこちらをチョイスしました。

    行平鍋よりも少し深いので同じ1,5L入ります。

    同じ18㎝の片手鍋を選ばなかったのは、少しでも軽い方がいいから。

    重さはあるけれど、気にならないほど使い勝手がよく、蓋の恩恵を受けられます。

    蓋で密閉されることで沸騰してしまえば火を止めて余熱調理が可能。

    毎日、味噌汁はこのお鍋にお任せきりです。

    具材を入れて沸騰させたら火を止めて余熱調理でok!

    カレーを作るときも子どもの甘口はこの鍋に取り分け。

    3歳児一人分、少量のカレーでも焦げ付かず美味しく仕上げてくれます。

    25cm浅型両手鍋のレビュー

    宮崎製作所 ジオ 両手鍋 浅型 25cm 日本製 IH対応 オール熱源対応 15年保証 GEO-25S

    娘はこの鍋を出すと、

    ムスメ

    きょう おでん!?

    と目を輝かせます。おでん大好きっ子です。

    主におでんや、かれいなど幅を取る魚の煮つけに使います。

    アクアパッツアなど、そんなに大きくないものであれば鯛も丸ごと入ります。

    煮込みハンバーグだと、焼いて、煮込むまでの工程をこのお鍋一つで。

    食卓でしゃぶしゃぶや鍋をするときも出番です。

    前二つに比べ小回りが利くわけではないので、毎日は使いませんが、とても使い勝手が良い。

    以前は煮込み料理はほぼストウブだったけれど、今はこのジオプロダクトのお鍋に任せる事が多いです。

    浅型だからか、火の通りが早く感じます。

    実はこのお鍋を買うときに、ストウブのブレイザーとどちらにするか何日も悩みました。

    改めて、ジオプロダクトにして良かったと思う点は、やはり軽さ。

    軽いことはそれだけ後片付けが楽になるし、後片付けが楽だったら、気軽に使うことができます。

    ジオプロダクトのメリットと選び方

    ジオプロダクトを使う利点は美味しく仕上がることはもちろんの事、手入れが楽で、何と言っても時短になること。

    余熱調理の恩恵は素晴らしい。

    余熱任せにすれば、放置しておけるので付きっ切りでなくていいのはもちろん、じっくり火が通ることで素材のうまみも引き出される。

    お味噌汁一杯とっても不思議と美味しい。

    お味噌汁が美味しいと心からほっとします。

    これまでのお料理が道具を変えるだけで、より美味しくなる。

    ジオプロダクトのお鍋はそんなポジティブな変化を食卓に与えてくれます。

    食事は多くの人が1日3回。

    家で食べるのはそのうち1回か2回で、人生の中で必ずみんなが等しく必要なこと。

    まゆぞー

    当たり前の事だけど、家ごはんが美味しいってすごく幸せなことじゃないですか?

    ごはんが美味しいだけで、ほんの少し人生が豊かになる気がするんですよね。

    ジオプロダクトは製品の良さ、日本製にも関わらずお値段はとても優しい。

    家族構成や用途にもよるけれど、最初の1台には小回りが利く16㎝や18㎝小さ目のものがオススメです!

    もちろん取り回しの楽な行平鍋もいいけれど、ジオプロダクトのお鍋の特性を活かした使い方が出来るので、まずは片手鍋から試してみる事をオススメします。

    【リバーライト極】3人家族で使用中!20cm・26cm・フライパン•炒め鍋のメリットとデメリットをレビュー

    【青森ヒバのまな板】1年使用して気付いたメリット・デメリット

    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる