【シルクふぁみりぃ】冷え性•温活にオススメ!親子で使えるインナーのレビュー

    この記事はこんな人の役に立つかもしれません。

    • 冷え性で悩んでいる
    • 季節の変わり目に体調を崩しやすい
    • お腹がスースーする
    • 子どもにやさしい肌着を探している
    • ただいま妊活中
    • 生理痛がある

    これから暑い季節になるので、そんな実感は薄くなるかもしれませんが、とってもおススメの肌着があります。

    目次

    シルクふぁみりぃはやさしい肌着がそろっています

    シルクふぁみりぃ 肌着 オススメ
    シルクふぁみりぃ 楽天市場店

    直営店は奈良県ですが、遠方の方は楽天市場やオフィシャルサイトで購入できます

    ハラマキだけはAmazonでも販売されています

    シルクを扱っているのにお値段がリーズナブルで品質も良い。

    販売サイトを見ると、品質への強いこだわりを感じます。

    商品はお花にちなんだ名前が付けられていて、シルクの種類だったり、素材の配合や織り方に違いがあります。

    まゆぞー

    私は、妊活中に冷えを改善したくてハラマキと出会ったのがきっかけです。

    シルクとコットンの腹巻き (ブラック, レギュラー丈 36cm)

    マリーコットンシルクがお気に入り


    マリーコットンシルクキャミ

    冷え取り靴下や、ハラマキ、ショーツ、肌着などなど。気になる商品をいくつか使ってみました。

    どれも素晴らしく良い製品だったのですが、個人的にはマリーコットンシルクのシリーズがお気に入りで定番化しました。

    マリーコットンシルクの最もオススメの特徴は、シルクなのに洗濯機で洗えること。

    シルクは手洗いした方が良いのは分かっていても、どうも毎日のこととなると面倒に感じてしまいます。

    更に育児中は自分の事に時間を取られるのもままならない状態。

    洗濯機で手軽に洗える事は、日常使いのハードルをぐっと下げてくれました。

    シルクと綿で出来ていて、とても柔らかい落ち着く肌触り。

    まゆぞー

    子どもの頃がら馴染みのある綿って落ち着きますよね。

    季節の変わり目の「なんとなく冷える。」そんな時にはマリーコットンシルクキャミが大活躍してくれます。

    現在、娘が月イチでこども園で何かしらのウィルスをテイクアウトしてきます。

    もれなく私に感染するのですが、娘は鼻かぜ程度なのに、私は必ず熱を出して寝込みます。

    まゆぞー

    子どもの間を感染する菌って、なんであんなに強いんでしょう。

    そんな熱で震える夜中には、このマリーコットンシルクキャミを必ず着て寝ます。

    肌着ひとつで風邪が治るとは言いませんが、しっかり温まる事でぐっすり眠ることが出来ます。

    生理中に冷えてお腹が痛くなるときは、サッと出してこのハラマキを着用。

    生理痛って温めると楽になる事も多いです。

    車を運転しなければならない、とか薬の飲めない状況は誰にでもあるかと思います。

    薬以外に生理痛を緩和できる自分の方法が一つでもあると気持ちが楽になります。


    マリーコットンシルク腹巻

    子どもサイズでお揃い

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    マリーキッズキャミ
    価格:1390円(税込、送料別) (2021/6/9時点)


    マリーキッズキャミ

    娘がハイハイしだしたころ(70サイズ)に購入し、未だ(100サイズ)現役で使用中です。

    型崩れもなく、よく伸び、サイズに細かい縛りがないので、まだまだ長く使えそうです。

    まゆぞー

    驚きの製品の良さ、それにとてもコスパが良い!

    娘もマリーコットンシルクキャミが大のお気に入りで

    ムスメ

    やわらかい はだぎが いいよぉ。

    としょっちゅうリクエストしてきます。

    園で感染るウィルスとは別に、気温差から季節の変わり目に鼻が垂れる事が減ったように思います。

    お腹がすっぽり入って気持ちよくフィットし、お尻までカバーしてくれるので、お腹が出て冷える心配もありません。

    そしてトイレトレーニングの時に気付いたのですが、トイレに座るときはトップスごと巻き上げてお腹の上でキープしてくれているので、服を汚してしまうという失敗も減ります。

    ワンピースの時なんかは特に安心です。

    おわりに

    私は妊活中にシルクふぁみりぃの肌着に出会って、冷え取りを始めました。

    娘を妊娠してからは、妊娠後期に大きくなったお腹も出産するまでこのハラマキでひとつでカバーし、無事出産を迎えました。

    産後は、自律神経の乱れで体温調節上手くいかない時も何度あり、育児疲れで風邪を引きやすかったり色んな体調不良のトラブルの中でも、シルクふぁみりぃの肌着を着用していました。

    自覚は無かったけれど、肌や体がデリケートな時期に自然と肌にやさしい素材を選択していたのだと感じます。

    何度もリピートしていて、私の定番。

    普段日常生活のなかで、冷えを意識することはそんなに多くないけれど、この肌着を着ていたら安心。

    そのうち、生まれたばかりの姪っ子にコロナが落ち着いたら会いに行くので

    マリーキッズキャミ

    をプレゼントするつもりです。

    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる