【青森ヒバのまな板】1年使用して気付いたメリット・デメリット

    毎日の料理で使うキッチングッツはこだわりという程ではありませんが、自分の気に入ったものを値段の高い安いにかかわらず、メンテナンスしながら長く使う事を心掛けています。

    1年前に青森ひばのまな板に買い替えました。

    これまで使用してきて感じた、メリット、デメリットを解説します。

    これから解説するまな板はコレ!私が実際に使用しています。


    目次

    メリット

    使い心地が良い

    私は鉄の包丁を愛用していますが、包丁の歯あたりが優しく、「すぅすぅ」と衝撃を吸収してくれる感覚です。

    アカシアのまな板が「カンカン」だとすると杉は「トントン」青森ひばは「すぅすぅ」

    沢山切っても手の疲労感が少ない気がします。

    香りが良い

    まな板が初めて届いたとき、箱を開けるとヒバのとてもいい香りが部屋中いっぱいになりました。

    これまで使用してきた木製のまな板とは比べ物にならないくらい、香りが強い木だと感じます。

    徐々に落ち着いてきますが、初めの1ヵ月くらいは香りがしっかり残っているので、料理中も香りに癒されました。

    カビに強い

    青森ヒバはとてもカビに強い。

    抗菌力はまな板に使われている木材では群を抜いています。

    まな板を買い替えるきっかけって、カビが原因という事も多いと思います。

    カビが生えてしまうと、衛生面が心配で使いたく無くなります。

    ヒバはカビに強い

    それだけでも、充分に長く使える要素だと思います。

    強度がある

    私は1枚板のもを購入したので、合板と比べ格段に強度が増したと感じました。

    合板だと隙間が空いて割れてきたり、隙間からカビが生えたりなんてこともあるのですが一枚板だとその心配はありません。

    長く使え、コスパがいい

    表面が痛んできたらかんな掛け修理のサービスがあります。

    私はまだそこまで利用していないのですが、かんな掛けをすると表面は新品同様にキレイになるみたい。

    まゆぞー

    そこまで見越して3cm以上の厚みのあるものを選びました。

    もっと何年かかけて、表面が黒ずんできたらかんな掛けしてもらって、、それを何度も繰り返して、、。

    ペラペラになるまで使おうとすると、一体何年かかるんだろうと思ったらすごくコスパ良くないですか??

    所有欲が満たされる

    正直、まな板って切れれば何でもよければ、百円ショップや木材売り場にある端材でも間に合うと思うんです。

    それでもわざわざヒバのまな板を買うことは、愛用したいという気持ち。長く大切に使いたい気持ち。

    その気持ちで、とても所有欲が満たされます。

    青森ヒバのまな板のお試しにピッタリなミニサイズはコレ!お弁当作りやフルーツを切るのにピッタリで重宝します。


    デメリット

    重い

    購入サイトを見ていると、私の購入した25cm真四角サイズで重さが1,5kgの記載が。

    まゆぞー

    毎回シンク下から持ち出すのに1.5kgってどうかなぁ?

    同じくらいの重さのMOVE動物図鑑でイメージトレーニングを重ねやっと購入に至りました。

    しかし届いてみると、軽さにビックリ。

    個体差はあるので一概には言えませんが、私のまな板で500gほどでした。

    イメージするほど重くはないかもしれませんが、購入サイトに記載があるので、ある程度は想定していた方がいいのかなと思います。

    ちょっと神経質になる

    やはり少しお値段がお高めなのと、大切に使いたい気持ちから若干神経質気味になります。

    結果、今のところとてもキレイに使えているし、清潔を保てるので良いのかなと思っています。

    まゆぞー

    (多分)誰にも迷惑かけてないし!

    おわりに

    どんな料理を作るときでも、多くの人が包丁とまな板は必ず使うと思います。

    私は青森ひばのまな板ひとつで料理の時間が、すこし快適になりました。

    使う前は水で濡らして、使用後に棕櫚たわしでささっと洗うか、気になる時は洗剤とスポンジで洗うだけです。

    すぐ乾くように他の洗い物とは分けて置いて、木目を立てておく事に気をつけています。

    まゆぞー

    あと、大切にする気持ちを持っているくらい。

    今まで色んなまな板を使ってきましたが、一生物に出会った!と感じています。

    ペラペラになるまで使うことを考えるとワクワクします!

    ここまで手を入れて使えるのも、工房の職人さんが1枚1枚丁寧に作ってくれているからですよね。

    これからも大切に愛を持って使えるまな板だと思ってます。

    私の物より一回り大きいサイズ。キッチンが広いお家の方はこちらでも使いやすいと思います。


    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる